« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

ぺらぺらーずの裏の真実

ソード・ワールドぺらぺらーず ソード・ワールドぺらぺらーず

販売元:楽天ブックス
楽天市場で詳細を確認する

ド素人GMの奮闘ぶりが売りになっている「新ソード・ワールドRPGリプレイNEXT」通称ぺらぺらーず編。しかしGMが場数を踏んだ中盤以降の著者の戸惑いは、彼女が未熟だからというよりも、F,E,A,R,世代ゲーマーである藤澤氏(実際ドラマガ誌上でアリアンロッドをやっている)と旧世代ゲーマーであるSNEのプレイヤーの温度差が原因になっているような気がする。

藤澤氏は「プレイヤーが知略を駆使して戦いを避けるか奇策に走りまともに戦ってくれない。」とこぼしている。要するに彼女は「考えられる限りあらゆる行動を選択する」伝統的なTRPGのやり方を知らないのだが、これは最近のゲーマーがパターン化したシナリオ展開しかやらないF.E.A.R.のゲームばかりしていることと無関係ではあるまい。

失踪したおる人物を探してファンドリアに来たときGMは「ファンドリアはいろんな対立組織がにらみ合っていて盗賊ギルドはうかつに動けない。しかし余所者のPCが勝手に動き回る分には問題ない。」という設定でマスタリングしたところ、プレイヤーが「地元の盗賊ギルドでも居場所がわからないことが外国から来た者に見つけられるわけない。」と思ってしまいシナリオ進行が詰まってしまいました。これは「PCが主人公」と考えるF.E.A.R.世代と「PCの実力を冷静に評価する」旧世代の思考のギャップが生んだ事故といえるでしょう。

キャンペーンのクライマックス、PCが「自分は盗賊になりたいんだ」と発言したことでようやく藤澤氏は「PCは英雄」と考えてヒロイックなシナリオを展開した自分のうかつさに気づきますが・・・

一方私の場合、TRPGの入門書が「クロちゃんのRPG千夜一夜」だったためどうしても現代のF.E.A.R.的思考になじめなったりします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

説明しよう!

「機動戦士ガンダム00」の軌道エレベーター崩壊の話で、「トランザムライザーがあるなら前回のメメントモリで使えよ。」というツッコミがよくありますが…

私なりに解釈しますと、前回は万全の体制で防衛線を張っていたが、今回は隠していたのであまり戦力を配置できなかった(配置したら何か隠しているとバレる)のでダブルオーライザーだけで突撃できたのではないでしょうか。

ついでにもう一つ解説しましょう。種・運命で「ハイパーデュートリオン機関のデスティニーがエネルギー切れするのはおかしい」という指摘がありますが、単にデュートリオンでプールしたエネルギーが尽きて核エンジンの単独供給になってしまっただけでは? それを見たレイが「万全でない状態でストライクフリーダムと戦うのは危険」と判断して後退させたと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »