« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月31日 (木)

姉or妹?

シスター・プリンセス&シスター・プリンセスRePure DVD-BOX シスター・プリンセス&シスター・プリンセスRePure DVD-BOX
販売元:PANORAMA LD-DVD.COM
PANORAMA LD-DVD.COMで詳細を確認する

「メガミマガジン」誌でシスプリDVD-BOXの記事を読んで思ったのだが、どうやらシスプリもとい妹ブームもかなり昔の話になっているようだ。もっとも最近でも妹キャラの出るギャルゲーは結構あるので「ブームが過ぎて空気のように気にならなくなっただけ」という見解もできようが。

さて妹ブームが終わって次は姉ブームかというとこれは微妙。18禁ゲームにはそこそこ姉ゲームがあるが、コンシューマー・TVアニメレベルではタマ姉の一人舞台という印象が強い。

ToHeart2 AnotherDays 向坂 環 メイドver. (1/8スケールPVC塗装済み完成品) Toy ToHeart2 AnotherDays 向坂 環 メイドver. (1/8スケールPVC塗装済み完成品)

販売元:壽屋
発売日:2008/02/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ちなみに私の辞書では「シスコン」とは「姉萌え」に振るルビのことである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月30日 (水)

ひょっとしてセカンドシーズンは・・・

「機動戦士ガンダム00」は春でいったん終了して後で第2部を作る予定のようです。ところで現在戦争そっちのけでリアルギャルゲーをやっているとしか思えない沙慈・クロスロード、ひょっとすると彼は第2部の主人公なのではないでしょうか? もともとガンダムの主人公は理系が多いし(アムロとキラ)、シン・アスカも以前は平和ボケした普通の少年だったと語られている。そう考えるとありえない話でもないんですが。

アニメ/機動戦士ガンダム 00: 2 アニメ/機動戦士ガンダム 00: 2
販売元:HMVジャパン
HMVジャパンで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)

原作よりエロいなあ

実は私、新年の新番組は「ロザリオとバンパイア」しかチェックしてません。一応アニメ誌で情報は集めたのですが、気に入ったのは発表されただけで春以降のタイトルばかり。

この作品、原作は少しだけ読んでいたのですが、例によって井上喜久子お姉ちゃんが女教師をやるというのでとりあえず見てみたら・・・女の子がかわいいので及第点です。原作以上に色気があるような気がします。DVDではお色気アップということでなお期待大。ヒロインのモカもかわいいのですが、オッパイ星人の私としてはどうしてもくるむの巨乳に目が行ってしまう。あれだけ揺れていればアニメ化された甲斐があるというもの。さて次回はサブタイトルにスクール水着となってるだけあって楽しみです。

ロザリオとバンパイア キャラクターソングシリーズ(2) Music ロザリオとバンパイア キャラクターソングシリーズ(2)

アーティスト:福圓美里
販売元:KINGRECORDS.CO.,LTD(K)(M)
発売日:2008/02/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

P.S.
今のところアニメはこれとダブルオー(史上初の「ガンダム正規パイロットの妹キャラ」登場)しか見てませんが、今後期待している作品は以下の通り。
・ダ・カーポ2セカンドシーズン
・かのこん
・乃木坂春香の秘密
・涼宮ハルヒの新作?
・ゼロの使い魔サードシーズン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月25日 (金)

「指輪物語」は異端

魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.7 DVD 魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.7

販売元:キングレコード
発売日:2008/01/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「魔法少女リリカルなのは」を見ていてふと思った。

『指輪物語』のガンダルフってどこが魔法使いなんだ?

私は小説を途中で挫折して映画「ロード・オブ・ザ・リング」しか通しで見ていないが、ガンダルフが攻撃魔法で敵を倒すシーンは一度もない。RPGから「指輪物語」に入った人間としては、ガンダルフの存在に違和感を覚えてしまう。作品の発表時期からして指輪が原爆を暗示しているのではないかという説があるが、作中に(指輪に限らず)大量破壊兵器的な魔法が出ないため「どこが?」と思ってしまう(偏見を抜きにしても、トールキンは戦時中に原稿の大半を書いてるためプロットレベルで原爆の影響を受けることは考えにくい)。

そもそも原書の「アスタリ」を「魔法使い」と邦訳してしまったのが間違いではないか? 少し調べたところ、ガンダルフはトールキンが創作した神話においてキリスト教の天使に相当する立場である。それを「人間の中の異能者」というニュアンスが強い日本語の「魔法使い」に訳してしまうのはどうかと思う。作中の役割から考えても「使徒」という訳のほうがよさそうに思える。

違和感といえばもうひとつある。「指輪物語」は非力なホビットがモンスターから逃げ回る話で、剣豪が巨悪を倒すわけではない。神話の英雄からアーサー王伝説、そして20世紀後半の「スター・ウォーズ」に継承されたファンタジーの重大な要素が「指輪物語」には欠落しているのである。

はっきり言って「指輪物語」は「ファンタジーの元祖」ではなく「異色作」である。DQ,FFから「指輪物語」に入った日本人はいくらでもいるだろうに、私のような違和感を感じる人がいないのか不思議だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

遠い道のり

結局カジノは妙案がないので、はぐれメタルヘルムはメタルキングのドロップを狙うことにする。場所は闇の洞窟の北側。天空への塔は馬車に経験値が入らず、架け橋の塔ははぐれメタルやスライムが出るためドロップの条件「最後に倒す」を満たせないのが選定の理由。アリーナの会心の一撃とピサロの魔神斬りで撃墜率は高いのだが・・・ぜんぜん落とさんわ(苦笑)。ピサロがマダンテを覚えたが、このレベルまでいくと親子丼も弱い。

実は私、コインがどうとか以前に移民の町がぜんぜん育ってない。しかし特定条件の町を作ろうとして移民の選り好みをするとしんどい・・・ 7はメモリーカード交換で楽だったのに・・・ そりゃDSで移民システム簡単になるわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月12日 (土)

ギャンブラーにやさしくないドラクエ

PS版ドラクエ4のカジノ、どーやったらはぐれメタルヘルムを入手できるんだ?

攻略サイトとかではモンスター格闘場での当て方が掲載されているけど、そんなもの当たっても1万枚、とてもじゃないが手が届かん。自分はポーカーできないし、スロットは1コイン台しかないので当たってもたかがしれている。

5は100コインスロットがよく当たるので欲しいものは全部手に入ったし、7はパフパフして当たりやすい台を一晩回しっ放しにすれば100万までいった。8も「あるきかた」のデータをもとに儲けた。しかしPS版4は大儲けの情報が全然ない。言うまでもなくFC版は838861で終わるが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 9日 (水)

今年ネットやってないなあ

今年に入って全然更新していません。
年末年始にプレステ版ドラクエ4をやっていたためです。DS版は大きな変更点はないようなので買う気はしないのですが(GBC版3はルビスの剣のためにプレイしたが)、話題になっているため急にやる気が起きまして。現在ピサロが仲間になったところです。

交響組曲「ドラゴンクエストIV」導かれし者たち Music 交響組曲「ドラゴンクエストIV」導かれし者たち

アーティスト:すぎやまこういち,東京都交響楽団
販売元:アニプレックス
発売日:2005/05/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

天空シリーズすべてのリメイクが決定してますが、5はすでにPS2化されていてグラフィックが見劣りするので期待薄。ただしPS2版で没になった裏・裏ダンジョンがあればプレイするかも。6は初めてのリメイクになるので大きな変化がありそうですね。

ドラゴンクエストIV 導かれし者たち 公式ガイドブック(DS版) (SE-MOOK) Book ドラゴンクエストIV 導かれし者たち 公式ガイドブック(DS版) (SE-MOOK)

販売元:スクウェア・エニックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます

皆様あけましておめでとうございます。
2008年もこのブログをよろしくお願いします。

挨拶以外に何書こうかと思いましたが、とりあえずは今年期待しているアニメについて。

・ダカーポ2セカンドシーズン
年末に終わったDC2の第2部、おそらく原作の音姫シナリオになると思われる。音姫の話は世界観の根幹に関わるため、パラダイムノベルでも彼女だけ上下巻になっていた。

・かのこん
色っぽいキツネのおねーさんがヒロインということで期待。

・ゼロの使い魔サードシーズン
貧乳・ツンデレに興味なかったので今までスルーしていたけど今回爆乳エルフが出るということで。

・涼宮ハルヒの新作(?)
前作が気に入っていたので当然見る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »