« D.C.II~ダ・カーポII~ 第8話「自白の時」 | トップページ | 原点回帰? »

2007年11月22日 (木)

HoneyComingのレビュー

TAKUYA-net本館に「HoneyComing」のレビューをアップしましたので見てください。
http://f3.aaa.livedoor.jp/~takuya/review/honeycom.html

さてこのゲームのウリといえば恋愛授業。授業シーンはほとんど羞恥プレイと化しています。ところで「スーパーロボット大戦」的なクロスオーバーが好きな私としてはつい「他のギャルゲーのキャラが恋愛授業に出たら・・・」ということを考えてしまいます。

東鳩2の貴明と愛佳だとお互い緊張しまくりで「初々しくて模範的」と言われるか「小学生かてめえらは」と苺先生に突っ込まれるかどちらかですね。

「おとボク」の貴子だと毎回ブッ倒れて保健室に担ぎ込まれるでしょうね。病弱キャラが体育で倒れる頻度より高いので保険医から恋愛授業の見学を認めるよう要請が来たりして。

HoneyComing First Impression Software HoneyComing First Impression "MARINO ism"初回限定版

販売元:HOOK
発売日:2007/04/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« D.C.II~ダ・カーポII~ 第8話「自白の時」 | トップページ | 原点回帰? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/457277/9060501

この記事へのトラックバック一覧です: HoneyComingのレビュー:

« D.C.II~ダ・カーポII~ 第8話「自白の時」 | トップページ | 原点回帰? »